身動きをとらせない程に私の身体を抱き締める腕はいつもの彼のものではない。
彼の顔は見えないが、恐らく背後では金色の瞳がこちらを見ているのだろう。躊躇うことなく彼ではないもう一人の彼の名前を呼ぶ。
「どうしたの? ハレルヤ」
腕の力が少し弱まったような気がした。
「……分かるんだな」
「もう慣れたよ。アレルヤとハレルヤ結構違うんだもん」
振り返ると、こちらを真っ直ぐと見つめている猫の眼のような金色と視線がぶつかる。それはハレルヤの象徴。
けれど一緒に過ごすにつれて、そんな目印も必要なくなっていた。
口調も声音も仕草も、アレルヤのようでアレルヤではない。アレルヤが外敵に怯え身を縮ませる獣だとしたらハレルヤはそれら全てを喰い殺そうとする獣だ。
最初の内は彼の攻撃的な性格に距離を置いたし怯えもした。けれどそれがアレルヤを大切に思うが故の警戒心の為だと思うと、不思議と牙を向ける彼が可愛く見えた。
「アレルヤは素直で可愛いって思うけどハレルヤは素直じゃなくて可愛いよね」
「てめぇだけだぜ、そんなこと言うのは……」
まるで苦いものを食べた時のように顔を顰めるハレルヤ。
「だって、今日も甘えてきたじゃない。ほんとにどうしたの?」
「甘えてねーよ」
言葉では否定しつつも離れる様子がないので説得力がない。思わず笑い声をもらすとそれに怒ったのか腕の力が強くなった。鍛えられた胸板に笑い声が消えていく。ハレルヤの温かさを心地よく感じながらその広い背中に腕を伸ばす。
お互いを溶かし合うように、私達は暫く抱き合っていた。




「お前に出会えて良かったよ」
突然ハレルヤがそんなことを言った。何の前触れもない言葉に驚いて、ハレルヤを見上げると彼の金色の瞳が細められている。いつものようににんまりと笑うものではなく、何かに耐えるように苦しげなもの。
「ハレルヤ?」
なんでそんな恥ずかしいこと言うの、そう笑って返すことも出来なかった。
「……私も。ハレルヤに、会えてよかった」
自分なりの返事を返す。深くなった彼の笑みが余計に痛々しく見えた。
「そうか……」
彼がどんな思いでその言葉を告げたのか、その時の私には分からなかった。




激戦の後、キュリオスはなんとかコンテナーに回収された。直撃を喰らって溶解しているコックピットを見て血の気が引いていく。
「アレルヤ!」
緊急時の為のパスワードは預かっている。これで外部からもコックピットは開けられる。震える指でキーボードに打ち込み終わると嫌な音をたてながらコックピットが開いた。薄暗い箱の中、オレンジ色のパイロットスーツがピクリとも動かない。恐怖で心臓が破裂するかと思った。よく見れば頭から出血もしている。
「アレルヤ!アレルヤ!大丈夫?!」
目は閉じていない。が、焦点も合っていない。
「アレルヤ、大丈夫? 私、わかる?」
「あ、…………?」
「そう!アレルヤ、動かない方がいいよね。ちょっと待ってて。今から」

呼び止めるアレルヤの声に動きが止まる。
「どうしたの?」と優しく返すと、彼は涙の滲んだ声で「ごめん」と呟いた。
「アレルヤ……?」
「ハレルヤが……もう、いいって」
「ハレルヤ?」
にはもう伝えたからって、だから……っ!」
その先に続くだろう鳴咽に掻き消された言葉が、私は分かってしまった。
あの時ハレルヤに言われた言葉が頭の中で響く。
(もう言ったって、あの時の? あれが別れの言葉だったの? そんなの……ひどい)
聞いていないことも言いたいことも、やりたかったこともまだ沢山あるのに。
「どうして……ハレルヤ」
呆然としている私の呟きにアレルヤの泣き声が止む。そして温度も感情も感じられない声が告げた。
「『アイツが受け入れてくれたんだ。俺のことを認めて、俺らのことを受け入れてくれたから』」
「アレルヤ?」
灰色の瞳がぎゅっと閉ざされる。
「でもっ! 君がいなくちゃ意味がないじゃないか……」
ハレルヤ、と。そう言ったきり、アレルヤは声をあげて泣き出した。
「アレルヤ……、ハレルヤ」
そうだ、今一番悲しいのはアレルヤに決まっている。大切な半身を失い、その原因が目の前にいるにもかかわらず、アレルヤは私を責めることは出来ないのだから。
私も悲しい。けれど彼の前でそれを表に出したくなかった。彼の半身を奪ったのは他でもない私自身なのだから。 





貴方を殺したのは私です。





 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system